豆乳青汁のイソフラボンは、女性ホルモンに関係する

今回は女性ホルモンと青汁についての話。

女性ホルモンであるエストロゲンに非常に似た働きをするイソフラボンっていうのは、大豆に多く含まれる成分だっていうのはご存知の方も多いかもしれません。これが青汁とどういう関係になっているのかっていうと、豆乳青汁というものが存在するからです。
豆乳青汁とは、緑黄色野菜を原料にして作った青汁に、更に豆乳とオリゴ糖を混ぜて作る青汁のことです。 豆乳が含まれているということは、イソフラボンも含まれているということで、これを飲むことで更年期症状の緩和などが期待出来ると言われています。
女性ホルモン作用によって、上記の緩和効果だけでなく、乳がん予防の効果、アンチエイジング効果なども期待されているそうです。
また、オリゴ糖を含むことで腸内環境も整えてくれる効果が期待出来ます。更年期症状の緩和といっても、それを目的とした薬ではありませんから、飲めば誰でも必ず効果があると保証されているわけではありません。ただ、何か緩和の為にって考えているのであれば豆乳青汁というのは選択肢として挙げられるものだと思います。

ちなみに、人から聞いた話なので嘘か本当か分かりませんが、花粉によって従来の治療では改善されなかった更年期症状を何とか出来ることもあるそうです。